クリスマス

クリスマスプレゼントを彼女に!30代女性が喜ぶものって何?

投稿日:

クリスマス プレゼント 彼女 30代

「彼女にメリークリスマス!」

もちろんプレゼントも用意するぜー!
楽しいクリスマスにしたいもんな~^^

でも、こんなの用意するの
学生のとき以来だし?
何が喜ばれるのかな…?

みんなはどれぐらい
お金を使っているかとか

渡すときのタイミングや
演出が必要なのかも気になる…

気になるギモンを解決しましょう!

関連コンテンツ

30代女性が喜びそうなプレゼントとは?

「何を渡せば喜ばれるだろう?」

30代女性が喜ぶ傾向にあるプレゼントは
形が残るものを好む方が多いようです。

時計、アクセサリー、ネックレス、
バッグ、サイフなどが一般的です。

マフラーや手袋も喜ばれた事例は
ありますが、この辺は賛否両論です。

ただし、形が残るものであっても
服や下着は避けた方が良いでしょう。
特に下着はなかなかキツイです…

「食べ物や飲み物はダメなの?」

どうしても贈る場合は
レストランに招待するなどの
形式をとると喜ばれるケースが多いです。

スポンサードリンク

金額の相場は?みんなどれぐらい使ってる?

「一般的にどれぐらい使うものなの?」

プレゼントするモノによりますが
一般的に2万円~3万円ぐらいが相場です。

指輪、ブランド品の購入を考えると
少なくともコレぐらいになるでしょう。

「ウチのカノジョは値段なんて気にしない!」

と、言う方に限って
いざ安いものを渡すと
ガッカリするものです…

一年一度のクリスマスですので
ケチらず良いものをあげましょう。


スポンサードリンク

渡すタイミングはいつがいい?何か演出は必要?

「プレゼントは用意したけど、いつ渡そうか?」

まずはあなたのカノジョは
サプライズが好きですか?イヤですか?

そこから考えていきましょう。

もしもわからない場合であれば
サプライズはしないのが無難です。
トラブルの原因になりがちです。

渡すタイミングですが

・食事に誘い、待ち時間で渡す
・デート終了時に渡す

このあたりが定番のタイミングです。

また、デートでショッピングをした時に
彼女が欲しいと言ったものを
覚えておくのがポイントです。

それをクリスマスプレゼントにして

「コレ欲しかったよね」

みたいに言われると胸キュンです。

普段から彼女の好みを気にしておき
クリスマスに向けて準備することが
一番の演出ではないでしょうか。

彼女が好きなブランドがあれば
そちらもぜひチェックしておきましょう。

スポンサードリンク

まとめ

形が残るものが喜ばれますが
服や下着はできるだけ避けます。

金額の相場は2万円から3万円くらい。

渡すタイミングは食事の待ち時間、
もしくはデートの終わり際に
今日はありがとう的に渡します。

特別な演出というよりは
好みを覚えておくことが
一番大事ではないでしょうか。

ステキなクリスマスに
なりますように(・∀・)

-クリスマス
-,

執筆者:

関連記事

クリスマスツリーの飾りの名前と意味は?おしゃれに飾れる?

「クリスマスといえばツリーですが…」 毎年飾り付けをしていて ふと思うのが 「コイツら名前とか意味あるのかな?」 シャラシャラした長いのや 赤や金色の玉ころなどですね。 ちょっと気になりますね。 おし …

クリスマスプレゼントを付き合ってない男性に贈る場合どうする?

「気になる人がいるんだけど、仲良くなりたい!」 クリスマスはまたとないチャンスですよね。 一気に距離を縮めるにはプレゼントにも こだわりたいところですが… ・いきなりで引かれない? ・何を渡すのがいい …

クリスマスケーキをデコレーション!簡単なやり方は?

「いつも完成品のケーキじゃつまらない!」 毎年恒例のクリスマスケーキ、いつも同じでは なんだか味気ないし、つまらないですよね。 デコレーションして遊べたら楽しいかも! 今回はクリスマスケーキのデコレー …

クリスマスの料理も男感を出したい!どんなものを作ろう?

「オレが作るの!?クリスマスのメシを?」 カノジョにおもしろそうだからと クリスマスの料理を任されてしまった… もちろん料理なんて普段はしない。 どんなものを作ると喜ばれるのか? そして、どうせなら男 …

クリスマスのメッセージを英文でカッコよく書く!例文は?

「クリスマスのメッセージカードを書こう!」 どうせならカッコよく 英文でビシっと キメてみたいところですが… 正直英語はさっぱりわからないw そんな方のために例文を いくつか用意してみました! シチュ …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ