冬の食べ物

大根おろしのおろし方で味は変わる?簡単におろすコツは?

投稿日:

大根おろし おろし方 簡単

「大根おろしって日によって味が変わる…」

家族が好きでよく大根をおろすのですが
日によって味がバラバラな気がします。

おろし方で味が変わるのか?
それとも大根の質なのか?

あとは簡単におろせるコツも
いくつか紹介していきます。

関連コンテンツ

大根のおろし方で味は変わる?

ズバリ!

大根のおろし方で味は変化します。

すばやく、チカラ強くすりおろすと
大根がカラくなってしまいます。

おろし方の他にも大根は
下の方(葉っぱの無い方)が
カラみがあります。

上の方(葉っぱのある方)は
カラみが少ない特徴があります。

スポンサードリンク

からくない大根おろしを作るには?

大根のおろし方で味が変わる以上
カラくない大根おろしを作るには
一工夫必要になってきます。

チカラを入れずにやさし~く
円をかくように、ゆっくりすりおろす。

こうすると極力からくない
大根おろしができあがります。

大根は鮮度が落ちても
カラみが出ることに注意。
新鮮なものをつかいましょう。

しなびた大根を使ってしまうと
だいたいカラいのが出来上がります。

それに加えて、大根おろしは
おろしたてがカラみが強いので
おろしてから10分は放置しましょう。

カラみが少なくなって
食べやすくなります。

大根は葉っぱがついている
上部の方がカラみが少ないです。

カラくない大根おろしを作るなら
上部を使うようにしましょう。


スポンサードリンク

大根おろしを簡単に作るコツは?

作るのに手間がかかるイメージの
大根おろし、カンタンにできるなら
そうしたいところですよね。

コツとしては

「ミキサーを使用する」

手でするよりもカンタンなので
大根おろしを作る機会が多い方は
検討してみるのも良いでしょう。

「ミキサーでどうやっておろすの?」

大根の皮をむいて小さめにカットします。

水を大根の半分ほど入れて
ミキサーを作動させて
すりおろします。

ザルにあけて自然に水気を
きればカンタンに完成します。

ミキサーの他にも電動おろし器があるので
そちらを使用してもカンタンにできます。

だいたい1万円ぐらいのものであれば高性能で
良い大根おろしを作ることができます。

スポンサードリンク

まとめ

カラくない大根おろしは
やさしくすりおろすことが
何よりも大事です。

コレは細胞の壊れ方で
カラさが決まるためです。

余談ですが、できあがった大根おろしに
焼けた鉄の棒を入れると
トンでもなくカラい大根おろしができます。

大根おろしは辛いのが一番!と
豪語するおばあちゃんが

「こんなカラいの食えるか!」

と、言ったくらいカラくなります。

焼けた鉄棒が細胞を
壊すからなんですね。

そんなわけでおろし方で味は変わる。
カンタンにおろすならミキサーか
おろし器を使うのが良いでしょう(・∀・)

-冬の食べ物
-,

執筆者:

関連記事

ぶりの照り焼きをおいしく作るコツは?フライパンでもOK?

「オレぶりの照り焼き好きなんだよね~」 なんて好きな人に言われたら ウデをふるわないわけには いかないですよね!つくろう! でも、おいしく作れるかな? マズいの作って嫌われたくない! 今回はぶりの照り …

寒ぶりの時期は?ぶりシャブは家で可能?おいしい食べ方は?

「おいしいブリが食べたい!」 寒い時期に食べるブリは最高ですね! しかし、具体的にいつからいつまでが 旬の時期なのかわからなかったりしますw 昔お店で食べたぶりシャブうまかったな… アレって家でも出来 …

鱈ムニエルの簡単レシピとコツ!付け合わせは何がいい?

「タラをおいしくムニエルで食べたい!」 冬に特に美味しいタラを使う料理といえばムニエル♪ クセのないおいしさで人気レシピですよね^^ でも…あんまりうまく作ったことがない… そんな方が気になっているギ …

ぶりのアラはどうやって下処理する?ウロコは?保存できる?

「ぶりのアラを安く手に入れたけど…」 そのまんまなもので 下処理が必要ですよね。 やり方がイマイチわからない… ウロコとかもあるの? 残ってたらヤだなあ… そしてせっかく下処理したし 保存もできるので …

白菜を無駄なく食べる使い方!栄養と簡単レシピを知ろう!

「うええ…葉っぱの色が変わってる…」 カットされた白菜を買ってきて、 保存して使ってもすぐに変色しちゃう^^; いっぱいあっても捨てちゃうんですよね… コレなんとかならないかな? というわけで今回は …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ