お祭り

昭和記念公園花火2015おすすめスポットは?見どころチケット情報!

投稿日:

昭和記念公園 花火

「2015年の夏もやっぱり花火を楽しみたい!」

日本の夏を楽しむなら花火大会は欠かせません。
特に東京で花火を楽しもうとするのであれば
昭和記念公園の花火大会は見逃せないイベントです^^

概要は前回の記事で紹介しましたので
今回はおすすめスポット、見どころ、そして
チケットに関する情報を紹介していきます。

ちなみに前回の記事はこちら
⇒昭和記念公園の花火2015!日程は?場所は?おすすめホテルは?

 

昭和記念公園花火2015のおすすめスポットは?

・イトーヨーカドー東大和店 屋上駐車場
花火大会当日は屋上を開放してくれるお店が
多いそうなので楽しむのに必要なお菓子や飲み物を
買ったらそのまま屋上に行って花火が見れます。

・バーミヤン立川駅北口店
昭和記念公園側にあるテーブルが花火観賞にベスト!
冷房の効いた店内で中華料理を食べながらの
花火を贅沢に楽しむ事が可能です。

・立川タカシマ屋 屋上ビアガーデン
事前に予約が必要になり、しかも花火大会の日は
抽選になってしまっていますが…おすすめスポットです。
ビアガーデン×花火大会!しあわせなひとときです^^

・多摩モノレール下歩道
立川駅を出たら北に向かいます。
すべての場所から花火が見れるわけではないので
歩きながらスポットを探す感じになります。

・昭和記念公園の砂川口付近
ほとんどの人は立川駅から立川口に直行
するので砂川口の方がすいていたりします。

・昭和記念公園の昭島口広場
入り口近くの広場は比較的すいています。
のんびりと花火を楽しめるスペースがあります。

・立川警察署前の交差点まわり
警察署前なのがなんとなくひいてしまうのか
花火を見るのにベストな場所なのですが
すいていることが多いです、まさに穴場w

昭和記念公園花火2015の見どころは?

三多摩一の花火大会と呼ばれるだけあって
見どころがいっぱりありますので要チェック!

・芸協玉
全国の花火大会で優秀な成績の花火を
再現したもの、花火職人のワザが光ります!

・1尺5寸玉花火とワイドスターマイン(フィナーレ)
最後のほうになってダルくなってきた?
いやいや、見飽きさせない工夫をしてくれてます。
フィナーレは「おお~!」と声が出てしまいます^^

昭和記念公園花火2015のチケット情報!

「有料席のチケットは?」

昭和記念公園の「みんなの原っぱ」特設エリアで
観覧できるチケットが販売されています。

2015年分はまだですが

・レジャーシート付(1名)2500円「3600席」
・イス席(1名)3000円「736席」
・お弁当付イス席(1名)3700円「200席」

2014年は6月21日の午前10時10分から
ローソン・ミニストップで発売されてました。
もちろん先着順になるのでお早めに!

まとめ

・穴場は意外とたくさんある
・芸協玉とフィナーレが見どころ
・チケットは昨年は6月21日から発売、今年もか?

有料席チケットをゲットできれば一番ですが
それ以外にも花火を観覧できるおすすめスポットが
たくさんありますのでしっかり覚えて花火を楽しみましょう!

-お祭り
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

青森ねぶた祭りの駐車場と会場への行き方、帰り道はどうする?

「青森ねぶた祭りに車で行くなら?」 どこに駐車していいかを 何も調べずに向かうのはトラブルの 原因になるので事前情報は大事です! どこに車をとめればいいのか? 会場までの向かい方、帰り道について 向か …

蔵王樹氷祭り2016年の日程とみどころ、グルメ宿泊情報!

「山形、蔵王の樹氷が超キレイなんだって!」 大自然が作る芸術である樹氷は 山形県蔵王で見ることができますが スキー、スノボーしてないと敷居が高そう… そんなことはありません! 樹氷を見に行くなら滑れな …

花園神社酉の市の見世物小屋は何時から?場所は?何やるの?

「見世物小屋なんて今もあるのかねえ…」 「昔はおもしろいものが見れたんだよ」 おじいちゃんおばあちゃんから こんな話を聞いてみると、一度は 見たい見世物小屋ですね。 花園神社の酉の市で まだやっている …

伊東花火2015!日程、おすすめの宿泊先、穴場はどこ?

「静岡の花火といえば伊東!」 静岡県伊東市で開催される按針祭海の花火大会がアツい! ちなみに「あんじんさい」って読みます。 温泉街で楽しむ夏のお祭りということで人気です。 今回は日程、おすすめの宿泊先 …

大曲花火2015!桟敷席の値段は?持ち物は?番号で迷わずいける?

「とにかく花火師の技を堪能したい!」 花火大会にこだわりを持つ方にピッタリなのが 秋田県大仙市の「大曲の花火」でしょう。 明治43年から続く競技花火の権威です。 デザイン、色彩、そして創造性… その年 …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ