お祭り

大文字焼き2015!日程は?おすすめホテルは?どこで見るのがいい?

投稿日:

大文字焼き 2015

「京都の大文字焼き!一度は見てみたい!」

本来お盆に迎えた精霊を冥府に送る火という
宗教行事であるのですが、いまや観光客どっさりの
夏の風物詩、お祭りになってしまっていますね。

町の明かりが消えて山に「大」「妙」「法」の文字や
船の形、鳥居の形が次々に浮かび上がるのは
幻想的で荘厳で…やっぱり一度はナマで見たいです。

今回はそんな大文字焼き(五山送り火)の日程
おすすめのホテル、どこで見るのがいいのかを
紹介していきます。そうだ、京都にいこうw

 

大文字焼き2015の日程はいつ?

「京都の文字焼きっていつやってるの?」

五山送り火、京都の大文字焼きは
2015年8月16日(日)に開催予定です。

19時50分くらいから町中の明かりが消えて
20時から次々点火されていきます。

大文字:20時から
妙法:20時5分から
船形:20時10分から
左大文字:20時15分から
鳥居形:20時20分から

5分おきに点火していって、大体30分ほど見れます。

詳細なマップはこちら
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/gozan/view/files/pdf/map.pdf

大文字焼き2015ホテルはどこがいい?

「おすすめのホテルってあるの?」

五山送り火をホテルで満喫できる場所が
いくつかあったのでご紹介します。

・グランドプリンスホテル京都

五山送り火観賞プランがあります。

・ホテルオークラ

大文字送り火の夕べでディナーも楽しめます。

・京都国際ホテル

大文字晩餐会で五山全てが見られる贅沢ぶり!

大文字焼き2015どこで見るのがいい?

「外で見るならどこがいい感じ?」

夏の風物詩ということでアツさを感じつつ
キレイに見るならどこがいいか?
文字ごとに見やすい場所が違うので要チェックです。

・大文字を見るなら鴨川堤防
・妙を見るなら北山通
・法を見るなら高野川堤防
・船形を見るなら北山通
・左大文字を見るなら西大路通
・鳥居形を見るなら松尾橋

全体を見るなら船岡山公園の頂上
鳥居形だけは見れませんが他は見えます。

700名限定で入れる京都駅ビル空中経路が
五山すべてが見渡せるので大人気です。

7月には応募が始まるそうです。

http://www.kyoto-station-building.co.jp/index.htm

まとめ

・8月16日の20時から点火予定
・ホテルで見られるプランがある
・文字ごとに見やすいポイントが違う

ちなみに全てが見られても遠景になるので
大きく見たいなら特化した場所から見るのが良いです。

当日は屋台も出ていますので
しっかりお祭り気分が楽しめます^^

-お祭り
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

青根温泉雪あかり2016の日程とみどころ、宿泊するならどこがいい?

「幻想的な雪景色が見てみたい!」 それならオススメなのが 宮城県川崎町の青根温泉雪あかりです。 雪とキャンドルの組み合わせで良い雰囲気♪ 今回は見に行く際に気になるギモン ・2016年の日程と会場、時 …

秋田竿燈祭の屋台はいつからいつまで?どんな種類があるの?

「秋田竿燈祭を楽しみたい!」 いろいろみどころはあるかと思いますが お祭りといえば屋台が気になりますよね! 何時から何時までやっているのか? どんな種類の屋台があるのか? そして秋田ならではの特徴ある …

神宮花火大会2015!自由席の座席はどこがおすすめ?場所取りは?

神宮花火大会に行きたくて指定席を買おうとしたけど 間に合わなくて自由席チケットしか入手できなかった;; こういうケースになった場合に ・立ち見も覚悟しなくてはならないのか? ・おすすめの座席はどこ? …

秋田竿燈祭の駐車場と会場に向かうまで、帰り道はどうする?

「秋田竿燈祭に車で行くなら?」 気になるのは駐車場と そこから会場までの向かい方、 帰り道もおさえておきたいところです。 大きなお祭りなので行きあたりばったりでは ぐだぐだになってしまいがち… 事前に …

京都葵祭りの歴史、どんな由来があるの?始まるまでの日程は?

「京都の葵祭りってどんな歴史があるの?」 大きなお祭りですがその歴史や起源、 由来についてどれくらい知っていますか? ロマンあふれるイベントなだけに どれだけ多くの知識があるかで 感じ方がグッと変わっ …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ