グラブル

グラブル虹星晶を効率よく集める方法

投稿日:

「虹星晶が無いなあ・・・」

キャラの上限解放に要求される
ことが多い虹星晶。

グラブルをあまりプレイしていないと
不足しがちなトレジャーになっています。

虹星晶を集めたい場合は
どうするとよいでしょうか?

効率よく集められる方法を
紹介していきます。

  

関連コンテンツ

虹星晶を効率よく集める方法

虹星晶を効率よく集めるには
どうしたらよいでしょうか?
 

~虹星晶を効率よく集める方法~
虹星晶は木曜日のエクストラクエスト
紫菫の試練のベリーハードで入手できます。

ハードでもドロップしますが
ドロップ率が低いので

効率面を考えるなら必ず
ベリーハードで集めていきましょう。
 

木曜日クエスト以外で集める場合は
マグナ系を倒して集めていきましょう。

SSR召喚石のエレメント化でも
虹星晶が入手できるので

マグナでドロップした召喚石は
エレメント化しておきましょう。
 

古戦場でチャンクをドロップする
敵から虹星晶もドロップするので

戦貨集め、チャンク集めの
副産物として集めることもできます。
 

1日10個限定ですがショップで
星晶塊を虹星晶と交換できます。

塊15個で虹星晶が1つなので
レートはあまりよくないですが

たくさん欲しい場合は交換しておきましょう。

スポンサードリンク

トレハンは使うべき?

虹星晶を集める場合
トレハンは使った方がよいでしょうか?
 

~トレハンは使ってる?~
木曜日のエクストラクエスト。
紫菫の試練のベリーハードをやる時のみ

トレハンを使うようにしましょう。

ラストバトルで登場する
ヒドラ、カニから虹星晶をドロップするので

そこでトレハンを使っておくと
効率よく集めることができます。

マグナや古戦場などで集める場合は
トレハンは使わなくてもよいでしょう。


スポンサードリンク

虹星晶の使い道は他に何がある?

虹星晶の使い道。

キャラの上限解放以外に
使い道はあるでしょうか?
 

~虹星晶の使い道~
虹星晶は古戦場武器を
強化する時に大量消費します。

十天衆が仲間になるまで強化するには
累計450個も使用します。

十天衆は全部で10人いるので
全て仲間にするには4500個必要です。
 

他にも召喚石の上限解放に
使用することがあります。
 

ローズクイーンを自発する場合にも
10個消費します。

スポンサードリンク

まとめ

虹星晶は木曜日のエクストラクエスト
紫菫の試練ベリーハードを周回すると

効率よく集めることができます。

マグナでもドロップするので
木曜日以外で集める場合は

マグナ武器を集めるついでの
副産物として虹星晶を集めていきましょう。

星晶塊15個で虹星晶1個を
ショップで交換することができるので

たくさん集めておきたい場合は
ショップ交換も利用しておきましょう。

-グラブル
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グラブルのスカーサハって強い?使い方は?リミボは?

「出た!ツメ出た!」 「おお!スカーサハじゃん!」 英雄再起で人気だった スカーサハがついに プレイアブル化!嬉しいですね。 「で、当てたけどこの子強いの?」 という方のために今回は スカーサハの使い …

グラブル土バザラガは強い?性能は?サプチケで交換はアリ?

2017年12月31日に 実装がされた土バザラガ。 初実装は闇属性でしたが 今回は属性が変更されての再登場です。 闇属性ではそこまで 弱いキャラでは無かったですが 周りが強すぎてイマイチ性能が 霞むキ …

グラブルでゼノウォフマナフの攻略法は?武器の性能は?

ジータ「ゼノシリーズに新しい仲間が増えたよ!」 ビィ「やったねジータちゃん!」 ゼノイフリートに続きまして 土属性にもゼノが登場です。 どんな風に戦えば良いのか? おすすめの編成は? 武器の性能はどう …

グラブル光サルナーンの評価は?育てておいた方がよい?

「光サルナーンって強いの?」 恒常キャラなのでガチャチケや 無料ガチャ期間でポロっと 出る事もある光サルナーン。 闇サルナーンの闇猿砲に 注目が集まりがちですが 光サルナーンはどんな性能の キャラでし …

グラブルのダマスカス鋼の使い道は?みんなは何を鍛えてる?

「SSR武器の☆を1個増やせるよ!」 「はえ~☆なににつかえばいいの?」 全員に配布されたりソロ討滅戦の 報酬になったり、なにかと もらう機会の増えたダマスカスですが… 「何に使うと効率がいいのか?」 …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ