グラブル

グラブルシュヴァ剣は何本必要?理想本数は?

投稿日:

光マグナ武器の中でも
高性能と言われているシュヴァ剣。

光属性を強化していくうえで
集めておきたい武器の1つになります。

そんなシュヴァ剣ですが
何本必要な武器なのでしょうか?

理想本数、入手方法を紹介していきます。

  

関連コンテンツ

グラブルシュヴァ剣は何本必要?理想本数は?

シュヴァ剣は何本必要?
理想本数は何本になるでしょうか?
 

~シュヴァ剣は何本必要?~
シュヴァ剣は4凸状態のものを
6本集めておくのが理想になります。

使っている召喚石、武器次第では
もう少し少なくてもよいですが

まずは6本を目標に集めていきましょう。

シュヴァ剣以外にも
フツルス、オメガ武器。

ゼノコロゥの剣あたりが
マグナでは理想編成に入るので

これらの武器も合わせて
作成しておきましょう。

スポンサードリンク

どうやって集める?入手方法まとめ

シュヴァ剣はどうやって集めるの?
入手方法をまとめてみました。
 

~入手方法まとめ~
最も簡単に入手する方法は
武勲交換になります。

武勲は5000で1本と交換可能ですが
累計在庫が決まっていて

現在では9本まで交換可能です。
 

マルチバトルからドロップするには
シュヴァリエマグナ、アポロン、ヘクトル
オーディン、メタトロンからもドロップするので

これらのマルチバトルは
積極的に参加していきましょう。
 

その他の入手方法としては
アーカルムの探索で入手することができるので

アーカルムも忘れずやっておきましょう。


スポンサードリンク

全然ドロップしないけどホントに出るの?

集めてみようと思ったけど
全然ドロップしない・・・・・

シュヴァ剣はしっかり
ドロップするのでしょうか?
 

~全然出ません!~
シュヴァ剣はドロップ率が
露骨に低く設定されているので

SSR武器が引けても
ハープ、ブージ、ボルトが
出てくることが多いです。

トレハンを使用しても
内部のドロップ率までは
上げることができないので

どうしても理想本数を集めるには
数を多くこなす必要があります。

少しでも早く集めたい場合は
ツイッター救援、連戦主催などを
利用していくようにしましょう。

スポンサードリンク

まとめ

使用している召喚石、武器にもよりますが

シュヴァ剣は6本集めておけば
理想本数と言えるので

4凸6本を目標に集めていきましょう。

武勲交換で集めるのが
最も簡単な入手方法ですが

2018年10月21日現在
最大9本までしか交換できないので

残りはマルチバトル
アーカルム探索で集めていきましょう。

ドロップ率は露骨に低く設定されているので
理想本数を揃えるには

マルチバトルを数多くこなす
必要があります。

できるだけ早く揃えたい場合は
ツイッター救援や連戦主催をして
集めていきましょう。

-グラブル
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グラブルプリキュアのメダリオンを効率よく集める方法

以前から告知されていた グラブルプリキュアコラボが始まりましたね。 今回もイベントトレジャーを集めて 報酬を交換する形式になっています。 報酬交換で一番使用するトレジャーが プリキュアのメダリオン。 …

グラブルアビススパインは何本必要?ハデスでも使える?

アバターからドロップする SSR武器の1つ、アビススパイン。 杖なので基礎攻撃力は低めですが スキルはHP、攻撃両方増える神威があり 最終上限解放してレベル120にすると 奥義ダメージ上限が増える必殺 …

グラブルツクヨミ100HELLソロ攻略95HELLからの変更点まとめ

古戦場本戦3日目で追加された ツクヨミの100HELL。 95HELLよりもHPが大幅に増え ソロで討伐するはかなり困難な敵になっています。 貢献度を効率よく稼ぎたい場合はソロで 討伐しておきたいツク …

グラブル四象降臨は初心者でも出来る?どんなイベント?

「四象降臨・・・?」 2018年3月12日から 四象降臨が始まりますねー グラブルをやっている人であれば 馴染みのあるイベントになっていますが 最近始めた人は「なんだこれ?」 と、なってる人も多いと思 …

グラブルメタトロンのマグナアニマの集め方と使い道

シュヴァリエマグナの最終上限解放で 必要になるメタトロンのマグナアニマ。 全部で10個必要になるトレジャーになります。 メタトロンからドロップする トレジャーなのですが 何戦戦ってもドロップしたところ …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ