グラブル

グラブルのメインクエストは何章まで進めておくとよい?

投稿日:

グラブルをプレイするなら欠かさず
やっておきたいメインクエスト。

2019年1月6日現在で
118章まで実装されています。

全てクリアできればよいのですが

最近始めたばかりとなると
一気にクリアするのは難しいメインクエスト。

何章まで進めておくとよいでしょうか?

ここまではクリアした方がよい
メインクエストのラインを紹介していきます。

関連コンテンツ

グラブルのメインクエストは何章まで進めておくとよい?

メインクエスト24章までクリアすると
セレストが自発できるようになります。

キャラの上限解放をする時に
セレストのアニマが必要になるので

最低限メインクエストは24章までは
進めておいた方がよいでしょう。
 

それ以降もクリア可能であれば
どんどん進めていきましょう。

63章で蒼の少女編が終わるので
それを一区切りにするのもよいでしょう。

63章まではAP0でプレイできるので
AP回復待ちにやっておくのもよいでしょう。
 

キャラクターによっては
メインクエストを進めていないと

フェイトエピソードが見れないキャラもいます。

フェイトが終わっていないと
アビリティが1つ使えないので

キャラのフェイトエピソードが見れるまで
メインクエストを進めるのもよいでしょう。

スポンサードリンク

メインクエストで全滅した場合エリクシールを飲んでもクリアするべき?

メインクエストでは基本的にエリクシールが使用可能で
がぶ飲みすれば低戦力でも進められます。

しかし1章進めるごとに
何本も飲んでいくとあっという間に
エリクシールが空っぽになるので

できればエリクシール無しで
メインクエストはクリアしたいところ。

戦力を強化していればメインクエストは
それほど難しくは無いので

エリクシールをがぶ飲みしながら
メインクエストを進めていくのは
やめた方がよいでしょう。

スポンサードリンク

グラブルで強くなるためにやっておきたいこと

手軽に戦力を強化したい場合は
サイドストーリーをプレイして

SSR武器、召喚石を集めていきましょう。
これだけでも戦力が結構変わってきます。

まずは能力値が高いSSR武器と召喚石で
メイン、サブ共に埋めておきましょう。
 

更に強化したい場合は属性ごとに
攻撃力の上がるスキル持ちの武器を装備したり

マグナ武器、召喚石を集めて
戦力を強化を高めていきましょう。

スポンサードリンク

まとめ

セレストが自発できる24章までは
メインクエストを最低限クリアしておきましょう。

戦力が整っているならどんどんプレイして
蒼の少女編が完結する63章をクリアを
次の目標にしていきましょう。

63章まではAP0でプレイできるので

AP回復の待ち時間で
メインクエストを進めていきましょう。

-グラブル
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グラブルコーデックスアニムスは誰に使うべき?おすすめの使い方は?

「これ何だっけ?」 「あー、コーデックスのSR版かあ」 エリクシールハーフの数を チェックしている時に目についた青い本。 コーデックス・アニムスという 上限解放アイテムになっています。 これを使用する …

グラブルのヴェインSSRは弱い?性能は?編成するなら?

「ついにヴェインもSSRだー!」 フェードラッヘ4人の中で いつまでSRなんだろうと 思ってたら花見SSRになりました。 「でもあんまり話題にならない…?」 もしかして、弱い…? そんなことはないはず …

グラブル浴衣アルルメイヤはどんな性能?強い?手に入れるべき?

2018年浴衣キャラとして 実装されたアルルメイヤ。 レアリティはSSRからSRに変更され 属性も闇属性になりました。 浴衣キャラが実装されたことで 気になってくるのが性能。 浴衣アルルメイヤはどんな …

グラブルティターンは無凸でも使える?使うならやっぱり3凸前提?

マッチョの愛称でお馴染みの「ティターン」 神石と呼ばれる召喚石の1つですね。 特に狙っていたわけでは無いけど 無料ガチャ期間などでポロっと 出てくることもある召喚石です。 そんなティターンですが無凸で …

グラブル古戦場2017年4月攻略法!新HELLって強いの?

「古戦場ですって」 「新しいHELLボスですって」 今月もやってまいりました。 楽しい古戦場の時間です。 前回からの変更点や 新しい敵キャラの強さを 紹介していきます。 あと気になるのは個人のボーダー …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ