節分

節分の福豆を家庭で作るなら?なぜ炒るの?何カロリーあるの?

投稿日:

節分 福豆

「節分の福豆を自分で作ってみたい!」

なんとなく大量生産されているものよりも
自分の家で思いを込めて作る福豆の方が
ご利益がある!かもしれませんよね^^

今回は福豆に関する気になるギモン

・どうやって作るの?
・なぜ炒る必要が?そのままじゃダメ?
・食べる場合、1粒何カロリーあるの?

以上3点を紹介していきます。

 

福豆の作り方いろいろ

普通に作ると結構手間がかかります。

1日目、大豆を水で洗ってから
たっぷりの水に8時間ほど浸けておきます。

2日目、ザルにあげて1日乾燥させます。

3日目、フライパンで焦げないように弱火で炒ります。

ムラが出ないようにゆすりながら、
火から出して冷まして様子を見ましょう。
カリカリになっていたら完成です。

「3日は時間かかりすぎ!もうちょっと早くできない?」

大豆を一晩水につけて、ザルにあげたものを15分蒸す。
冷ましたら強火のフライパンで10分くらい炒る。
冷ましたらまた3分くらい炒って冷まして完成。

「できれば1日以内に済ませたい…」

保温水筒に乾燥大豆1/2カップと熱湯(2カップ)を入れる
フタをして1時間ほど待ちましょう。

大豆をザルにあげてバットにさらしを広げたうえで転がす

水気が取れたら大豆をフライパンで炒ります。

強火からパチパチ音がしたら弱火にして20分程度、
ムラなく火が通るように時々揺するようにします。

仕上げにレンジ(500w)で10分、様子を見ながら加熱します。
冷ましてカリカリになったら完成♪

当日に近ければササっと作りたいので
最後の方法が一番ですが、豆まき用の豆だし
時間をかけて作った方がご利益がある!かも!

なぜ炒るの?ナマじゃダメな理由は?

「そのまま投げちゃダメなのはなんで?」

何故炒った豆でないといけないのか?

生の豆から芽が生えると縁起が悪いとされています。

また、「炒る」は「射る」とかけられているので
鬼を退治するなら炒った豆が良いという習わし。

あとはナマの大豆をそのまま投げると
現代においてもベチャっとするので
カラカラ豆を投げた方が拾いやすいですね。

福豆って何カロリーあるの?

「ついつい食べ過ぎちゃう、カロリー気になる!」

福豆はだいたい1粒1キロカロリーあります。

ただ、作り方を見てもわかるとおり
大豆だけしか使わないので健康効果はバツグン!

スタミナ増強、疲労回復
必須アミノ酸を含んでいたり
亜鉛、マグネシウム、食物繊維もたっぷり!

栄養価はこれでもか!というほど高いので
食べても全然問題ない食品ですね。

まとめ

福豆の作り方
⇒大豆を炒る、方法はいろいろ

なぜ炒るの?
⇒生豆をまくのは縁起が悪いから

1粒何カロリー?
⇒1キロカロリー、栄養価は最高!

自家製福豆での豆まきで
作る楽しさもプラスされますね(・∀・)

福豆を作る家庭ということで
鬼も逃げていくことでしょう♪

-節分
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

節分に鬼の役をやることに!演じ方は?怖がらせる?衣装は?

「じゃあ、節分はあなたが鬼の役ね」 まあ、たいていの家の父親は 鬼の役をやらされる運命なのか… お父さんがそうなるケースは多いですね。 特に断る理由もないし、 やってみますか~ と、思うのですが… こ …

節分の出し物を保育園でやるなら…何か良いアイデアはある?

「こどもがいるから、走り回るのはダメ?」 「いや…はしゃがせた方が楽しいかも…」 うーん… 保育園の出し物を考えることになったのですが 節分の時ってどんな風にしたら 良い感じにまとまるのでしょうか? …

節分のいわしはいつまで飾る?由来、健康効果は?

「節分に飾るイワシって、外すのはいつだろう?」 時期になると柊といっしょに飾るイワシですが 本来いつからいつまで飾っているものなのでしょうか? 2月4日には外してしまいがちですが ご利益があるのに外し …

節分の豆まきは犬が食べても大丈夫?対策、鬼役にするのはアリ?

「家で豆まきしたら犬が食べようとしてる!」 食べちゃう、おびえちゃう…などなど ペットを飼っている家庭ではけっこう 問題になっていることが多いです。 ・犬が豆を食べても大丈夫? ・犬を飼っている場合の …

節分にそばを食べる風習ってどこのもの?由来は?具材は?

「なんで節分にそば食べるの?」 豆をまくのは鬼を追い払うからって いうのはなんとな~くわかるのですが… 節分にそばってどういう意味なんでしょ? だいたいどこから始まった風習なの? なんで「そば」なの? …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ