お祭り

阿寒湖氷上フェスティバル2016年の日程と会場、みどころは?

投稿日:

阿寒湖氷上フェスティバル 2016

「冬の北海道、阿寒湖で行われるイベントといえば?」

寒い寒い冬の北海道だからこそ
行われるイベントといえば

阿寒湖氷上フェスティバル ICE・愛す・阿寒 「冬華美」
なんだか長い名前な上にダジャレまで
効いているスゴそうなイベントです!

今回は2016年の日程と会場、
そしてみどころを紹介していきます。

☆このページでわかること☆

阿寒湖氷上フェスティバル2016年の日程は?

「いつからいつまでやってるイベントなの?」

阿寒湖の冬のイベントである
阿寒湖氷上フェスティバル「ICE・アイス・阿寒冬華美」は
2016年2月1日~2016年3月13日まで開催されています。

19時50分からミニセレモニー
20時10分から打ち上げ花火(330発)
こんな感じで進んでいきます。

19時から20時20分まで氷切体験や
氷上のミニゲーム、おたのしみセット券
引き換えなどのイベントが行われています。

「おたのしみセットってなんだ…?」

各ホテルや会場で販売されている3枚つづりの券を
あつあつの牛乳や甘酒、あげたての天ぷらの中から
組み合わせ自由で選べるものだそうです。

阿寒湖氷上フェスティバル2016年の会場は?

「どこでやってるイベントなの?」

会場は阿寒湖温泉、阿寒湖氷上特設会場です。

アクセスは電車の場合
JR釧路駅から阿寒湖畔行きバスで120分です。
バス停「阿寒湖畔バスターミナル」から徒歩8分程度。

車で向かう場合は
道東道足寄ICから国道241号経由して
55km、渋滞などがなければ2時間程度です。

しかし近隣に駐車場が無いので
できれば電車やバスでの移動が無難です。

阿寒湖氷上フェスティバルの魅力、みどころは?

「どこがみどころのイベントなの?」

この時期の北海道は強烈に寒いので
その寒さを逆手に取ったイベントとなっています。
あたり一面が氷!氷!氷!極寒の世界を楽しみましょう♪

そして阿寒といえばアイヌの町としても有名です。
このイベントでもそれらは色濃く出ていますので
そのあたりにも注目すると文化の違いを楽しめます。

20時20分くらいまでやっている氷切体験や
雪だるま作りなどミニゲームも楽しいです^^

19時50分で始まるミニセレモニーからの
冬華美(ふゆはなび)もモチロン見逃せません!
さむ~い夜空に咲く花火は格別です♪

忘れてはいけないのが「体感証明書」をもらうこと!
その日の会場の気温が記録された証明書がもらえます。
思い出として振り返ることができますよ!

まとめ

・2016年2月1日~3月13日まで開催、ロングランです。
・会場は阿寒湖温泉、阿寒湖氷上特設会場
・冬の北海道ならではの寒いながらもアツいイベント!

寒さを逆手にとったイベントということで
これはなかなかアツいですなあ(・∀・)
2月に北海道旅行に行くなら要チェックです♪

-お祭り
-,

執筆者:

関連記事

勝毎花火大会2015!日程は?おすすめのホテル、穴場はどこ?

今年で65回を迎える伝統のイベント。 それが北海道帯広の勝毎花火大会。 昭和4年から行われている大会です。 ただの花火だけではなく音楽や 照明との演出が特徴的で、北海道どころか 国内でも最高峰のエンタ …

豊橋祇園祭2015!駐車場は?車で行ける?浴衣に着替える場所は?

「豊橋祇園祭は近くに車でいって浴衣に着替えよう」 そんな風に考えていた時期がオレにもありました… 最初にいっておくとカーナーリ!無謀ですw どんな感じで無謀なのか?調査した結果をまとめました。

四天王寺どやどや2016年の日程とみどころ、周辺のホテルは?

「ちょっと珍しいお祭りが見てみたい!」 それなら日本三大奇祭の一つである 大阪は四天王寺どやどやを見に行きましょう! 1月から迫力のある映像が見られますよ♪ ・2016年の日程と会場 ・みどころ ・周 …

京都葵祭のルートは?混雑の避け方、有料観覧席は買うべき?

「京都の葵祭ってどうやって見ればいいの?」 行列が町中を行進するイベントなんですが 気になるのは何時に始まって、それが どこをとう通って終点はどこなのか?ですよね。 それと相当混雑するお祭りなので で …

諏訪湖花火大会2015チケットは?穴場は?ホテルのおすすめは?

「実際に諏訪湖花火大会を見に行きたい!」 思い立ったがキチジツ!見るための準備をしましょう。 とりあえず有料席のチケットを買えるかチェック。 無理そうであれば穴場スポットを確認してみる。 そしておすす …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ