お祭り

秋田竿燈祭の屋台はいつからいつまで?どんな種類があるの?

投稿日:

秋田竿燈祭 屋台

「秋田竿燈祭を楽しみたい!」

いろいろみどころはあるかと思いますが
お祭りといえば屋台が気になりますよね!

何時から何時までやっているのか?
どんな種類の屋台があるのか?

そして秋田ならではの特徴ある
屋台、オススメはどれなのか?

気になるギモンを解決していきます。
しっかり情報をチェックして
当日は遊ぶことに集中しましょう!

関連コンテンツ

秋田竿燈祭の屋台は何時から何時までやってる?

まずは日時がわからないと
遊ぼうにも遊べないですね。

秋田竿燈祭は屋台村と呼ばれる屋台があります。

市役所会場と中央会場の
2つに展開しています。

屋台は8月2日の前夜祭から
8月6日までやっています。

開店時間は15時から
他の祭りと比べると
若干遅い時間からですね。

閉店時間は市役所会場が22時30分。
中央会場では21時30分
会場によって閉店が違うので注意です。

屋台とは別で
ご当地グルメフェスティバルも
行われています。

こちらは8月3日から8月6日まで。
開始は15時からで屋台と同じです。
終了時間は21時30分となっています。

スポンサードリンク

どんな種類の屋台があるの?

まずはたこ焼き、かき氷、お好み焼き
フライドポテトなどの定番はもちろんあります。

その他特徴的なものとして

きりたんぽ鍋、横手焼きそばなど
秋田ならではの食べ物に加えて
地ビールのあくらビールも味わえます。

デザート系はアイスの屋台が多めです。


スポンサードリンク

是非チェックしたいオススメの屋台は?

「せっかくだし秋田らしい屋台を楽しみたい!」

と、いうことであれば

横手焼きそばが有名ですね。
B1グランプリでも優勝していて
絶対に見逃せない屋台です。

秋田の名物を楽しむのであれば
屋台も良いですが、先ほど紹介した
グルメフェスティバルがオススメです。

こちらも屋台と同じく多数のお店があります。

会場内には座って食べられるスペースも
用意されているので安心です。

グルメフェスティバルのオススメとしては
しょっつる焼きそば!肉を使っていない
海鮮焼きそばでしょっつるは魚醤の意味です。

塩魚汁でしょっつるとなっています。
香りにクセはありますが
味はアッサリ!食べやすい焼きそばです。

デザートは秋田ご当地アイスの
ババヘラアイスが楽しめます。

ババとはおばあさんのこと。
ヘラとはアイスを盛るときに使うへらのこと。

どこかなつかしさを感じる
さっぱりした甘さのアイスです。
シャーベットに近い感じです。

パラソルをさして道路脇でおばあさんが
アイスを売っているところを
見たことはないでしょうか?

アレがババヘラアイスということです。

他には日本三大うどんの一つ
稲庭うどんも味わえます。

個人的な印象ではありますが
麺類が多めのイベントになっています。

スポンサードリンク

まとめ

・屋台は15時から会場によって閉店が違う
・定番から秋田ならではまで屋台の種類は豊富
・B級グルメがオススメ

秋田ならではということで
ご当地B級グルメを現場の
ナマな空気で食べたいものですね(・∀・)

-お祭り
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

山形花笠祭り2015!日程は?ホテルは?見どころはどこ?

「ヤッショ!マカショ!シャンシャンシャン!」 フシギな掛け声に紅花をあしらった笠が特徴的な 山形の夏の風物詩!花笠祭りがアツいですよね^^ 大通りのパレードを見るとワクワクしてきます! 東北四大祭りと …

麻布十番祭りでトイレに行きたくなったら、事前準備するなら?

「トイレはどこかな…」 麻布十番祭りはすごい人なので トイレの場所とかも複数個 覚えておかないと大変です。 お祭りに対する事前準備の情報も あわせて紹介していきます。 関連記事

ねぶた祭り2015の日程、場所は?見どころはココ!

「ラッセーラーラッセーラー!」 青森の夏の風物詩といえばねぶた祭り! 名前は聞いたことがあるくらい有名な祭りですよね。 毎年300万人以上の観光客でにぎわうということで アツい夏をさらにアツく過ごすの …

大曲花火2015!桟敷席の値段は?持ち物は?番号で迷わずいける?

「とにかく花火師の技を堪能したい!」 花火大会にこだわりを持つ方にピッタリなのが 秋田県大仙市の「大曲の花火」でしょう。 明治43年から続く競技花火の権威です。 デザイン、色彩、そして創造性… その年 …

筑後川花火大会2015の日程、おすすめ宿泊先、穴場はどこ?

「福岡でおすすめの花火といえば?」 イチオシは筑後川の花火大会です。 なんと1650年からの歴史と伝統ある大会! 18000発の花火が福岡の夜空を彩ります^^ その規模は西日本でも指折りの規模と され …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ