お祭り

麻布十番祭り2016年の日程とおすすめの屋台を厳選して紹介!

投稿日:

麻布十番祭り 2016

「今年も始まる麻布十番祭り!」

いろいろおいしいものが食べられる
ステキなイベントが今年もスタート!

2016年の日程に加えて
おすすめの屋台も紹介してきます。

多くの人でにぎわうお祭りなので
情報はしっかりチェックしておきましょう!

関連コンテンツ

麻布十番祭り2016年の日程は?

麻布十番祭り2016年は
8月27日(土)から8月28日(日)
2日間行われます。

開催時間は15時~21時まで。
屋台やお店によって営業時間が
若干ズレる可能性はあります。

しかしほとんどの場合
この時間で見て良いでしょう。

2016年は土日開催ということで
普段以上に混雑するでしょう。

他県から向かう場合は前日のうちに
麻布十番駅付近のホテルで一泊しておくと
祭り当日に動きやすくなります。

会場は麻布十番商店街一帯です。

例年の来場者数は約15万人ほど。
混み具合は満員電車クラスと言われています。

屋台は300軒近くありさまざまな
食べ物が楽しめるお祭りとして有名です。

スポンサードリンク

麻布十番祭りおすすめの屋台は?

「何を食べるのがいいの?」

麻布十番祭りに来たらコレは食べたい!
おすすめのお店を紹介します。

・浪花家のたいやき

東京三大たいやきと言われるくらい
おいしいたいやきが食べられるお店です。

平日でも30分待ち、最大2時間30分待って
買ったという方もいるくらい人気です。

詳しくはこちらで紹介しています。
⇒麻布十番祭りのたいやきについて

・あべちゃん本店

ここも行列ができるお店。
名物は秘伝のタレの焼きとん(豚)と
もつ煮込みとなっています。

タレは昭和8年の創業時から
継ぎ足されて作られる伝統の逸品!

タレが入ったタレツボも
一見の価値アリです。

以上がおすすめのお店ですが…

1軒のお店に対して数時間かけて
並んで食べるよりも、すいている屋台を
いくつも巡った方が楽しめるでしょう。

おすすめにこだわらず
目についた屋台にぶらりと
立ち寄るのが醍醐味でしょう!


スポンサードリンク

お金はどれくらいもっていったらいい?

「どれくらいお金がかかるの?」

お祭りで使用する金額の相場は
少ない人なら2000円程度、
多い人でも7000円くらい使うようです。

他県からお祭りに参加する人は
7000円くらいたっぷり遊んで
色々な食べ物を満喫してみましょう。

スポンサードリンク

まとめ

・2016年は土日開催でとても混みそう
・たいやき、やきとん、もつ煮込みがオススメ
・2000円~7000円くらい使う

まさに満員電車の中に屋台があって
移動しながら食べるお祭りということで
人混みに慣れてないとキツいです!

しかし食べ物はとてもおいしい!
ウマ~いお祭りなのです(・∀・)

-お祭り
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おいでん祭り2015の日程は?花火を見る場所は?車で行ける?

「東海地区最大級の花火大会はどこ?」 豊田のおいでん祭り花火大会がまさに最大級です。 音楽をシンクロさせたメロディ花火がステキです。 13000発の花火と約36万人もの人でおおいに にぎわう花火大会と …

東京湾花火大会の人混み対策!穴場はどこ?おすすめホテルは?

「東京湾花火大会に行きたい!でも人混みはイヤ!」 しかし花火大会といえば人混み、大混雑はつきもの… どうにかして対策はとれないものなのか? 気になったので調査してみました。 関連記事

角館のお祭2016年の日程とアクセス、やまぶっつけは見れる?

「角館のお祭りを見に行きたい!」 日本三大喧嘩祭りとされる 秋田県仙北市のお祭りですね。 2016年に見に行くなら日程は? アクセス方法、宿泊するなら? そしてみどころである「やまぶっつけ」 どうやっ …

長浜花火大会2015の見どころは?日程、穴場スポットは?

「琵琶湖にあがる花火ってステキよね」 滋賀県長浜市で開催される花火大会 「長浜北琵琶湖花火大会」に行ってみたい! そんな時に気になるのが「見どころ」 意識するのとしないのとでは終了後の 満足感が全然ち …

鉄道の日2015!日程は?記念切符はどう買う?イベントは?

「鉄道の日が2015年もやってくる!」 なんと1922年からある由緒ある記念日。 今年もモチロン各地でさまざまな イベントが開催されます!たのしみ~♪ 今回は鉄道の日に関するギモン! ・日程、なぜその …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ