お祭り

花園神社酉の市2016の日程は?アクセスは?みどころはどこ?

投稿日:

花園神社酉の市 2016

「花園神社の酉の市、2016年もやるよね!」

多くの人でごったがえす
活気あふれるイベントですね。
向かう前に情報をチェック!

2016年の日程とやっている時間、
場所はどこか?アクセス方法は?
そしてみどころ、過ごし方は?

気になるギモンを解決しましょう!

関連コンテンツ

花園神社酉の市2016年の日程、何時から何時まで?

花園神社酉の市は年に2回から3回
開催されていますが
毎回開催日、回数が変わっています。

2016年は開催数が2回になっています。

一の酉は11月10日~11月11日。

二の酉は11月22日~11月23日。

本祭りは正午くらいから夜中の2時まで。

ちなみになぜ回数が変わるのか?
ちょっと気になりますよね。

毎年「十千」(じっかん)十二支を当てはめて
さだめる日付法で酉にあたる日に開催されます。

なので毎年開催日と回数が変わるんですね。

スポンサードリンク

花園神社ってどこ?アクセスは?

「コレってどこにあるの?」

東京都新宿区新宿5-17-3にある神社です。

電話番号は03-3209-5265です。

「どうやっていけばいいの?」

東京メトロ「メトロ丸」の内線
副都心線都営新宿線「新宿三丁目駅」
E2出口すぐのところにあります。

JR小田急線京王線新宿駅東口から徒歩7分。

車で向かう場合は…

首都高速4号新宿線新宿出口を下りて5分。

バスの場合は…

都営バス「品97系統」新宿西口に行き
新宿3丁目から徒歩で3分ほどです。

都営バス「早77系統」早稲田行き
新宿伊勢丹前徒歩3分です。

「どれでいけばいいの?」

公共の交通機関がオススメ、
電車でいくのが一番でしょう。


スポンサードリンク

酉の市って何?みどころ、過ごし方は?

「酉の市ってなに?」

11月の「酉の日」に鷲(おおとり)神社で
行われるお祭りのことです。

酉の市はさまざまな神社で行われており
花園神社もその1つとされています。

関東を中心に30か所以上で行われています。

縁起物の「熊手」や「黄金餅」を
買うお祭りでしたが江戸時代の終わりごろから
黄金餅は販売されなくなってきました。

代わりに切り山椒を売るようになりました。

当時は甘いものが少なかったので
熊手といっしょにおみやげとして
黄金餅は喜ばれるものでした。

熊手は幸運や金運をかき集めるものとされ
商売繁盛の縁起物ということです。

去年よりも大きいものを買うことで
商売繁盛につながると言われています。

神社の参拝をして屋台で熊手を買って帰るのが
一般的な酉の市の過ごし方となっています。

スポンサードリンク

まとめ

毎年「酉の日」に行われるので
日程に関してはその年その年で
日付が変わるのが酉の市です。

2016年は11月10日~11日と
11月22日~23日です。

多くの人でにぎわうので
元気が出てきますね(・∀・)!

-お祭り
-,

執筆者:

関連記事

鹿の角切り2015日程は?理由は?見る際の混雑の避け方は?

「奈良でやる鹿の角切りを見に行きたい!」 江戸時代から300年も続いている伝統行事 鹿の角切りってどんな感じでやるんでしょう。 ちょっと見てみたいなーと思いました。 ・2015年の日程とアクセス ・な …

麻布十番祭りの出店方法は?どこに問い合わせればいいの?

「麻布十番祭りでお店を出してみたい!」 とても大きなお祭りで 自分の料理を出すことができたら いろんな人に食べてもらえますね! 今回は出店方法について 気になるギモンを解決していきます。

ひたちなか祭り花火2015!日程は?おすすめ宿泊先、穴場はどこ?

「茨城のお祭り、花火大会で盛り上がりたい!」 それなら「ひたちなか祭り」がピッタリですね♪ 初日の花火大会に始まり、翌日の本祭り! ダンスにみこしのほかにギネスに挑戦するという 一風変わったイベントも …

勝毎花火大会2015!日程は?おすすめのホテル、穴場はどこ?

今年で65回を迎える伝統のイベント。 それが北海道帯広の勝毎花火大会。 昭和4年から行われている大会です。 ただの花火だけではなく音楽や 照明との演出が特徴的で、北海道どころか 国内でも最高峰のエンタ …

今宮やすらい祭2017年の日程と場所、みどころとグルメ情報!

「やすらい花や」 この掛け声といえば京都の 今宮やすらい祭ですね。 春のおとずれを感じます^^ 2017年の日程と開催場所、 どこを見れば楽しめるのか? 周辺のグルメ情報も紹介します。

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ