お祭り

鹿の角切り2015日程は?理由は?見る際の混雑の避け方は?

投稿日:

鹿の角切り 2015

「奈良でやる鹿の角切りを見に行きたい!」

江戸時代から300年も続いている伝統行事
鹿の角切りってどんな感じでやるんでしょう。
ちょっと見てみたいなーと思いました。

・2015年の日程とアクセス
・なんで角切るの?痛そうなんですけど…
・混みそう…すいてる時間帯ってあるの?

今回はこのあたりを紹介していきます。

 

鹿の角切り2015年の日程は?

「いつやってるの?」

2015年10月10日(土)11日(日)12日(月)
10月12日は月曜日ですが体育の日なので
3連休!見に行きやすいスケジュールですね。

開催時間は昼12時~15時、(入場は14時半まで)
雨天の場合中止になることもあります。

「場所はどこでやるの?」

会場は春日大社参道の横にある鹿苑内です。

入場料が必要になるので注意。
大人1000円、こども(小学生)500円
チケットの前売りはなく、当日販売のみです。

電車で行く場合は
JR・近鉄奈良駅より奈良交通バス
「春日大社表参道」に下車、そこから徒歩5分です。

そのまま散歩感覚で歩いていくことも可能。
だいたい30分くらい、時間に余裕があるなら
奈良駅周辺を堪能してから行くのも良いですね。

ちなみに車の場合ですが
春日大社に有料駐車場(8時~22時、1000円)が
あるのですが、すぐに満車になってしまいます。

できれば公共交通機関を使うのがオススメですが
どうしても車で!そして春日大社が満車であれば
奈良駅近くの駐車場を利用しましょう。

詳しい問い合わせは電話が早いです。
財団法人 鹿愛護会 TEL:0742-22-2388

鹿の角切りの理由は?痛そうなんだけど…

「なんで角を切るの?痛そうだよ;;」

鹿の角切りは発情したオスのシカが
人やシカを傷付けるのを避ける目的
江戸時代から始まった行事です。

血管も神経も通っていないので
切られても痛くないそうですよ^^
人間でいうと爪を切る感覚に近いかも。

シカのためを思ってこその
イベントということですね。

会場では特に立派なオスのシカが
選ばれますので見ごたえありますよ♪

鹿の角切りを見る際の混雑の避け方は?

「混みそう…混雑を回避するには?」

30分間隔で行われる角切りは一度で
700人もの観覧客で非常に混み合います。

ちなみに一番混むのは最初の回!
それでも見えない!なんてことは無いですが
やっぱりできるだけゆっくり見たいですよね。

そして混雑を避けるなら
最後の回を見るのがオススメです。

14時前後に行われる回を狙いましょう。

まとめ

・2015年10月10日(土)11日(日)12日(月)開催
・シカを思ってこそのイベント
・14時前後に見ると比較的すいてる

シカ好きとしては是非見に行きたい角切り!
日ざしの強い日もあるので帽子は忘れずに。
混み合いますので日傘はさせません。

帰りはシカせんべいをあげたりして
シカさんを愛でましょうw

たまに突っつかれるので注意(・∀・)
ほら、ツノ切っておいて良かったでしょw

-お祭り
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

角館のお祭2016年の日程とアクセス、やまぶっつけは見れる?

「角館のお祭りを見に行きたい!」 日本三大喧嘩祭りとされる 秋田県仙北市のお祭りですね。 2016年に見に行くなら日程は? アクセス方法、宿泊するなら? そしてみどころである「やまぶっつけ」 どうやっ …

札幌豊平川花火大会2015!おすすめスポット、食事場所、行き方は?

「北海道、札幌の花火大会といえば?」 札幌市街を流れる豊平川で打ち上げられる 唯一の花火大会「豊平川花火大会」がオススメです。 夏が始まるぞー!って感じで大いに盛り上がります^^ 3部構成のプログラム …

八戸えんぶり2016年の日程とみどころ、周辺のグルメ宿泊情報!

「青森八戸で冬にお祭りを楽しむなら?」 絶対に見逃せないのが八戸えんぶりですね。 「みちのく五大雪まつり」に数えられる 伝統的な冬の一大イベントです。 しかし、いったいどんなお祭りなのでしょうか? い …

オクトーバーフェスト2015!お酒飲むのは必須?なぜ高い?予算は?

オクトーバーフェストって何?っていうと ぶっちゃけてカンタンに言ってしまえば 「ビール飲んでソーセージ食べて騒ぐ祭り」 それってつまり、お酒が飲めないと 楽しめない祭りってことなんでしょうか? 雰囲気 …

花園神社酉の市の見世物小屋は何時から?場所は?何やるの?

「見世物小屋なんて今もあるのかねえ…」 「昔はおもしろいものが見れたんだよ」 おじいちゃんおばあちゃんから こんな話を聞いてみると、一度は 見たい見世物小屋ですね。 花園神社の酉の市で まだやっている …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ