冬の悩み

風邪関節痛の原因、治し方は?温めるのと冷やすのどっちが良い?

投稿日:

風邪 関節痛

「風邪でだるい…関節が痛い~…」

熱が出てると特に関節の痛みが気になりますね。
人によっては眠れないぐらいに痛いこともあるし
なんとか和らげられないかな~と考えます。

そこで今回は

・風邪による関節痛の原因
・治し方、もしくは和らげ方
・温めるのと冷やすのはどちらがいいのか

以上のギモンを解決していきます。

 

風邪をひくと関節が痛くなるのはなんで?

「そもそもなんで痛くなるの?」

風邪による関節痛の原因はズバリ
PGE2という物質が原因です。
これが過剰に分泌されるから痛くなります。

まずカゼを引くとウィルスから身を守るために
白血球からサイトカインという物質が分泌されます。

これはウィルスと戦ってくれるのですが
同時に臓器を機能不全に陥らせる危険性があります。

それを防ぐために分泌されるのがPGE2なのです。
これがしっかりしてくれないと内臓がヤラれます。

よって、関節痛が発生するのは
「ウィルスと免疫細胞が戦っている証拠」
と考えなければなりません。

関節痛はどうやって治せばいいの?

「原因がこれだと…」

免疫細胞の機能によるものなので
痛みを止めるというよりは
風邪を治すことに集中する方が早いです。

「そうはいっても痛い…」

そんな方はアロマの力に頼ってみましょう。
ペパーミントやラベンダーには鎮痛作用があると
言われているので試してみましょう。

温めるのと冷やすのはどちらがいい?

書いてきた通り原因が「風邪によるもの」なので
温めるも冷やすも無く、風邪を治すのが一番です。

ちなみにふつうの関節痛の場合ですと
原因によって温めるか冷やすか変わってきます。

炎症による痛みの場合は痛めたりぶつけたりする
急に発生する俗にいう「腫れている」状態。
こんな時は冷やすのが有効です。

筋収縮などによる痛みは慢性的な痛みに多く
周囲の筋肉が固まっていて血行が悪くなっているので
こんな場合は温めると効果があります。

今回の場合はカゼによる関節痛なので
残念ながら関節自体をどうこうしても治りません。
普通に風邪への対策をとって早く治るようにしましょう。

まとめ

・原因はPGE2という物質、風邪と体が戦っている証拠
・風邪を治すのが一番早い治し方
・関節痛の原因がカゼなので温めも冷やすもない

と、いうわけで残念ですがガマンするしかないです…

たまにカゼが治ったにも関わらず関節の痛みだけが
残るといったケースもあるのですが、こんな場合は要注意!
「膠原病(こうげんびょう)」の可能性もあります。

2週間以上も続くなんて場合はガマンせずに
医師の診断を受けるのが一番です。

休めてオトク~なんてことはないカゼ、しんどいです。
普段からのうがい手洗いやマスク着用などで
今後は予防を心がけるようにしましょう。

-冬の悩み
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

風邪にタバコは影響する?副流煙が悪化の原因になる?

「人が風邪ひいてるのにタバコ吸わないで!」 いっしょに住んでいる人がカゼをひいたときに 自分はタバコをどうしても吸いたいんですが… こんなキツイ一言を言われる場合があります。 でも、ホントにタバコって …

ハムスターって冬眠するの?症状と見分け方、予防方法は?

「飼っているハムがなかなか起きてこない…」 寒くなってきたし、冬眠したのかな。 でも、ハムスターってそんな習性あるの…? 今回はハムスターの冬眠に関する気になるギモン ・そもそも冬眠なんてするの? ・ …

カゼにリンゴが効く根拠は?食べ方、リンゴ酢でも代用できる?

「う~…カゼをひいた…なんとかしたい~」 とにかく睡眠、休養が第一なカゼですが 食べるものも食べないと良くなりませんね。 かといって食欲もないわけで…そうだ、リンゴ。 リンゴは医者いらずなんて言われて …

大掃除って一人暮らしでもする?順番は?コツとかあるの?

「年末といえば大掃除だけど…した方がいい?」 近づくたびにしなきゃな~なんて考えるんですが なかなか手が動かない大掃除…特に一人暮らしだと ついついサボりがちになっちゃいますよね。 そこで今回は一人暮 …

年賀状の喪中の範囲はどこまで?挨拶文は?仕事関係なら?

「今年は亡くなった方がいるし、年賀状出せないなー」 10月に父方の祖父が亡くなったので これは喪中だよ…ね…?ん?どうなんだろう? そもそもどこからどこまでが親戚で喪中になるの? そして喪中だったとし …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ